ホーム > blog > 世界の通貨やお金

世界の通貨やお金

世界の通貨やお金の起源を勉強するのも、楽しいかもしれませんね。
例えば、初めて硬貨が使われるようになった時には、重さを量ってそれを価値として考えていたので、その単位を通貨単位として利用している
モノも多いですよね。
例えばポンドです。

ドルが現れるまで、基軸通貨
でしたし、それが重さを表す単位と言うことから、歴史が分りますよね。
さらに面白いのが、日本の小判ですね。
金の塊だと、ちゃんと中まで金か分らないので、それを証明するために、叩いて伸ばして薄くしているん
ですよね。
近代のお金でも、五円玉の絵の意味とか、調べたり勉強したり
してゆくと、本当に面白いですよね。

今では1000円というと、すっかり小銭感覚になってますし、1000円玉硬貨もあっても不思議じゃない状況ですね。

2013年度版の「貯金するのに必用な」お金の知識と種類によると、

いまの千円札は主婦が主にスーパーでの買い物する場合や、ちょっとした公共料金の支払いですぐに無くなる1000円札みたいです。最近では小学生のお小遣いって位置づけでしょうか。



キーワード